話題のオンラインカジノ・パチスロサイト!
Bicorn(バイコーン)

バイコーン(Bicorn)でプレイしてみました。

バイコーンのパチスロラインナップ
gate of apollonをプレイしてみました。

バイコーン で遊戯するには
基本的には暗号資産(仮想通貨)必要となります
次では 暗号資産(仮想通貨)の購入方法を紹介していきたいと思います。

仮想通貨( 暗号通貨、暗号資産 )の購入方法

ビットコイン等の 暗号資産(仮想通貨)の買い方(購入方法)について、大まかな手順は以下の通りです。

  1. 暗号資産(仮想通貨)取引所/販売所への登録
  2. KYC(本人確認)の書類画像の提出
  3. 取引所にもよりますが、スマホ等でSMS認証を実施
  4. 二段階認証の設定
  5. 暗号資産(仮想通貨)取引所/販売所への入金
  6. 暗号資産(仮想通貨)の選定・購入

暗号資産(仮想通貨)取引所/販売所

LINE BITMAX

日本人にはお馴染みのLINE、そのLINEアプリから仮想通貨の購入ができます!
「LINE BITMAX」は、LINE株式会社のグループ会社であるLVC株式会社が運営する仮想通貨取引所です。
LINE BITMAXはLINEアプリからアクセスでき、スマホだけで口座開設や仮想通貨取引を利用でき、LINEの販売所は1,000円未満の少額から利用でき、初心者でもタップで簡単に仮想通貨を売買できます。
最高水準のセキュリティを備えているので他の取引所・販売所やウォレット間でも安全でスピーディーな入出庫が可能です。

楽天ウォレット

「楽天ウォレット」は、楽天グループの連結子会社である楽天ウォレット株式会社が運営する仮想通貨取引所です。
国内大手企業で、金融サービスも提供する楽天グループが提供しているため、サービスやセキュリティ、内部管理態勢なども十分考慮されている仮想通貨取引サービスが特徴です。
豊富な専門的な用語集、検索しやすい「よくある質問」、お問い合わせフォームからの問い合わせにも対応しているので、PC操作が苦手なユーザーや初心者でも安心して利用することができます。

TAOTAO

「TAOTAO」は、ヤフーグループの関連会社であるTaoTao株式会社が運営する仮想通貨取引所です。
TAOTAO自身はヤフーの完全子会社ではないものの、ヤフーのバックグラウンドを強みとしていることが特徴です。
サイバー攻撃から利用者個人の資産や自社の資産を守るクラウド型「WAF」のほか、24時間365日のセキュリティシステムの監視・運用を行う「マネージドセキュリティサービス for Incapsula」など、2018年に多発したサイバーリスクへの対策も講じられているおすすめの仮想通貨取引所です。

Coincheck(コインチェック)

「コインチェック株式会社が運営する仮想通貨取引所で、NEM(XEM)やモナコイン、Lisk、Factomなど他取引所では国内でも最多で、取り扱いが少ない仮想通貨を購入することができます。
販売所での取引やチャット、レンディングサービスなどをスマホアプリで利用できることも特徴で、コインチェックが提供するレンディングサービスは、国内で唯一アルトコインの貸出が可能なため
アルトコインを長期で保有する投資家であれば必見の取引所のひとつです。

GMOコイン

「GMOコイン」は、東証一部上場のGMOインターネット株式会社のグループ会社であるGMOコイン株式会社が運営する仮想通貨取引所で、金融サービスの提供実績をもっており、GMOコインにおいても金融ノウハウを活かした運営が行われていることが特徴です。
GMOコインでは取引所形式、販売所形式、証拠金取引のそれぞれでビットコイン、イーサリアム、XRPなど複数の仮想通貨を取引可能なことが特徴です。

binance(バイナンス)

海外の大手取引所バイナンスではクレジットカードを利用して暗号資産を購入することができます。
昨今のビットコイン価格高騰の中で、仮想通貨(暗号資産)をクレジットカードで投資できないか」と思った投資未経験者は多いかもしれませんが、現時点で日本国内ではクレジットカードを使った暗号資産購入はできないのが現状です。
以前は国内の取引所でもクレジットカードで暗号資産を購入できていいましたが、2018年より価格変動のリスクが大きいことを理由に、カード各社が禁止を発表したためのようです。 手数料は購入した暗号資産の3.5%~
VISAとMasterCardで、日本円をはじめとした法定通貨を選んで購入できます。

News & Information